ステップ1

ステップ2

ステップ3

 

EDビザでタイに入国したら

 

入国時の注意点

・ タイ到着のイミグレーションで、学校から発送された領収証の提示を求められる場合があります。領収証はパスポートと一緒に大切に保管して下さい。

入国後の注意点

・ 入国後とビザ延長後に必ず確認しましょう。⇒パスポートにスタンプを貰ったらすぐ!

- ビザのカテゴリーが Non-ED かどうか

- スタンプの日付で「いつまで滞在できるか」⇒90日の滞在許可かどうか?

- 次の90日レポートはいつか?

・ EDビザでタイに入国後、必ず1週間以内に学校へパスポートを提出下さい。学校からタイ教育省へ生徒が入国済みの報告をします。

・ 滞在の毎90日以内に、タイ入国管理局で90日レポートの手続きが必要です。⇒地図で確認 

申請しなかった場合、罰金を科せられます。

・ 90日内にタイ国外へ出る場合は、リエントリービザの申請が必要です。忘れると苦労して取得したEDビザが失効してしまいます。


タイ入国管理局でのビザ延長方法

Step 1. ビザ期限の3~4週間前に、パスポート原本と出国カードを学校へ提出する。

TM7用紙に記入し、その他必要書類にサインする。

Step 2. ビザ期限の17日前迄に、学校でビザ延長に必要な書類を受取る

Step 3. タイ入国管理局でビザ延長手続きをする

備考: 手数料1回につき1,900バーツ。手数料に変更が無いかどうか、事前に情報収集しましょう。

Step 4. 延長手続き後、次の受講日にパスポート原本を学校へ提出。

タイ入国管理局の地図は、ここをクリック 


90日レポートの手続きについて

全ての外国人が対象です。タイ国に90日を超えて滞在する場合は、管轄の入国管理局に「滞在先住所」の届出が義務付けられています。

  • 届出は、期限の15日前から出来ます。また期限の7日を超えてはいけません。
  • 入国管理局は初回のビザ延長を90日レポート相当とします。これにより入国後1回目の90日レポートは不要ですが、いずれにせよ入国管理局へ出向き、ビザ延長の手続きが必要です。

  • 必要書類

    1. パスポート原本

    2. パスポートコピー

      ・ 写真のページ

      ・ 現在のビザのページ(シールタイプ)

      ・ タイ入国スタンプ(直近のもの)

      ・ ビザ延長のページ(スタンプタイプ)

      ・ 出国カード

    3. 90日レポートノート(入国管理局でビザ延長後、パスポートに添付されるメモ)

    4. 入国管理局のフォーム(TM.47)に記入

    注意:

    - 90日レポートは、ビザ延長とは異なるものです。
    - 90日レポートを怠った場合、2,000バーツ以上の罰金が科せられます。
    - 旅行などでタイを出国し、再度タイに入国の場合、再入国の日から1日とカウントします。事前にリエントリービザの取得が必要です。


    重要

    EDビザでタイに滞在中、旅行などでタイ国外へ出る前に入国管理局でリエントリービザ(re-entry permit)の取得が必要です。

    また出国と入国の予定を事前に学校へ届け出て下さい。

    リエントリービザ詳細は ここをクリック